PICKUP|puru.

東京&NYのギャラリーで展示する画家の長峰さくらさん

長峰さくら

今回は、私立高校で非常勤講師をしながら制作活動を続けている画家の長峰さくらさんへのインタビュー。
ご自身の展示会が現在開催中とのことで、東京上野の「ギャラリー空」にてお話しを伺ってきました!

───長峰さんが絵を描くようになったきっかけを教えてください。

物心ついた頃から絵を描くことが好きで暇さえあれば何か描いていました。通っていた高校が進路を決めるのが早かったので、美大に行くと決めたのは高校1年生の時でした。

長峰さくら

美大に進学してからはずっと制作や勉強に集中する毎日を過ごしていましたので、全く遊ぶ暇がありませんでした。合コンとかも行ったことがないんですよ...。私の周りの友達も、遊ぶことよりもひたすら絵を描いているよう人たちばかりでしたから。今思えば、もう少し普通の女子大生っぽい生活を楽しんでも良かったかなという気持ちです(笑)。

───どんな漫画が好きなんですか?

色々好きなんですけど、「シティハンター」や「キャンディキャンディ」は全巻持ってますよ!。

───あの冴羽獠が主人公のシティハンターですか!?それは、意外ですね(笑)。

そうですか?さすがに学校の生徒には、漫画を貸したりできませんが、いい漫画です。

───アートコンプレックスセンターとギャラリー空で展示されている作品は、全く構成が異なるように見えますが、どういうコンセプトで描いたんですか?

長峰さくら

ギャラリー空で展示している作品(右写真)は抽象画で、深層心理のさらに深いところにある意識や感覚を記録的に描き続けています。フロイトは深層心理が一番意識の下だと言っていますが、私はもっと奥に何かあると思っています。アートコンプレックスセンターの作品(上のオレンジ色の遊園地の乗り物の絵)は具象 画で素人が見ても分かりやすい絵を描こうと思って描きました。

───ギャラリー空で展示中の抽象画は、決して大きなサイズではないのですが、迫力があってとても心に残る作品ですよね!画材は何を使っているのでしょうか?

本当ですか!ありがとうございます。画材は雲肌麻紙と岩絵の具で、「盛り上げ」という平安時代の障壁画にも使用されている日本画の伝統技法を使っています。

───長峰さんが作品を作り出していく上で、影響を受けたアーティストはいらっしゃるんですか?

特に挙げるとすればモンドリアンと奥村土牛でしょうか。モンドリアンは、画面構成が参考になります。奥村土牛は、空気を描くと言われた画家で空気感まで描けるというところに影響を受けました。

───確かに長峰さんの作品から感じられる空気感は、とても印象的でした。今後はどういった活動が控えているんでしょうか?

近い将来の話ですと、まず4月にアトリエで子供向けの絵画教室を開く予定です。まずはこちらを軌道にのせたいと思っています。

長峰さくら

長期的な話でいいますと、数年後に は教師を続けながら結婚して、作品が更に評価されるようになっていたいです。やはり日本では、絵を描いて生活していくことが難しい国なので、海外で現代アートのアートフェアに出品して作品を買ってもらう事も目標のひとつです。アートフェアに連れて行っていただけるアートディレクターやギャラリストさんも探しています。

───日本は海外と比べると絵画をはじめ、芸術を職業にするというのは難しいですよね。
では最後に、画家を目指している方たちに何かアドバイスをお願いします。

「大学に入って遊びたかったら美大は行くな!」「持ってるお金は全て画材に使え!」ですね(笑)。

───お忙しい中インタビューにご協力いただきまして、ありがとうございました。!
長峰さん自身がとっても経験豊富な方なので、非常に説得力のあるアドバイスでした。
今年は日本ではもちろんのこと、ニューヨークでも活動の場を広げる予定だそうです。2/6に行われる、ギャラリー空4周年企画展のクロージングパーティは一般の方も参加可能ですので、長峰さんとお話をされたい方・アーティスト志望の方は上野の住宅街にあるギャラリー空にどうぞお越しください♪

PROFILE

長峰さくら

長峰さくら
美術大学で日本画を専攻し、卒業後は高校教師となるが作品制作に専念するため退職。現在は、私立高校で非常勤講師をしながら制作活動を続け、今年、東京とニューヨークで展示会の開催が決定。

GALLERY INFORMATION
ギャラリー空 4周年企画展
[日時]
2011/1/25(火)~2/6(日)※[パーティ]2/6(日)15:30~17:00
[場所]
ギャラリー空
〒110-0015東京都台東区東上野3-9-7
[ホームページ]
http://www.gallery-kuu.net
[TEL]
03・3831・3404
ARTeCERO Osaka-NewYork NY展
[日時]
2011/3/1(火)~3/6(日)※[オープニングパーティ]3/1(火)19:00~22:00
[場所]
OUCHI GALLERY(ヲウチギャラリー)
170 Tillary Street, Suite 507, Brooklyn, NY11201
[ホームページ]
http://www.ouchigallery.com/index.html
[TEL]
347・987・4606

聴く絵本"おとえほん"プロデューサー守時タツミインタビュー ユーラシア大陸自転車横断プロジェクトチーム"CoC"

PAGETOP