COLUMN|puru.

第二回「日本のパパの今を読み解く!」 イクメン特集

前回のコラムでは、「パパサミット」の模様を通して、世界のパパ事情をご紹介しました。
そこで今回は、もっと身近な存在、つまり日本のパパをめぐる事情についてご紹介します。

img

ちなみに、日本人男性がパパになる平均年齢は31.6歳らしい。
(厚生労働省「人口勤務統計」・「出生順位別にみた年次別父の平均年齢」)
そんなわけで、特に20代・30代の若手パパの事情を中心に考察してみましょう。

先月、20代~30代のプレパパ・パパ約80名にアンケートを実施。
仕事のこと、育児のこと、家事のこと、そして悩みにも・・・迫ってみます!!


まずは年齢から。

img

20代・30代・30代後半が大体同じくらいの割合に。
30代の方が多いのは、統計データとの相関性を感じますね。


そんなパパさんのお仕事は?

img

会社員の方が大多数。
ちなみに、その中でも「営業職」「事務・企画職」のお仕事の方の 割合が大きかったようです。

それでは、パパの本音に迫っていきましょう!

ズバリ、あなたは育児に関わりたいですか?

img

なんと全員が「積極的に関わりたい」「ある程度関わりたい」と回答!
「育児は母親の仕事、父親は会社で仕事」なんて価値観は今のパパからすると古い価値観なのかもしれませんね。


ちょっと変化球でこんな質問も。
あなたは家事に関わりたいですか?
育児との違いが気になるところですが・・・

img

結果はこんな感じに。
こちらは「ある程度関わりたい」の比重が大幅に増えていますね。
関わりたくない、って方も(笑)

このあたり、なんだか非常にリアル。

仕事とのバランス云々を考えていくと、優先順位の付け方として
育児>家事 という価値観のパパは結構いるのかもしれません。


どんどんいきましょう!

これまで見てきたように、育児や家事にも関わる意欲の強いパパ達。
そんな皆さんにとって、今いらっしゃる会社(組織)って働きやすいん でしょうか?

img

「とても+まあまあ働きやすい」派が約60%。
「かなり+どちらかというと働きづらい」派が約40%。


同じ状況におかれていたとしてもパパによって回答が違います。
どちらかといえば、今いる環境を肯定的に捉えているパパが多め なのかもしれませんね。うーん、たくましい(笑)

 →さらに詳しい、パパのリアルなコメントを知りたい方はこちらへどうぞ。   


実際にどれくらいの時間を育児や家事に費やしているのかも 聞いてみました。

・平日はほぼゼロ、休日は1時間程度。
・平日1時間、休日5時間。
・週末はほぼ一日中。
・毎日3~5時間。
など時間は様々。


「本当はどれだけの時間を育児・家事に費やしたいですか?」
という質問に対しての回答もパパによってそれぞれです。
平均値が出すことの意味を感じないくらいにバラバラ。

仕事にどれだけの時間を費やして、
育児にどれだけ関わって、
家事をどれだけやるのか。

1日は24時間しかないわけですし、奥様の職業、お子さんの人数、
お子さんの性格や状況、家族構成・・・
様々な状況が一人ひとり違うわけなので、当然ながら正解はない!


そこで重要なのは「パパ自体がどうしたいのか」ということをまずは、
明確にすること。どういう状態が理想なのか、それを意識することが
理想的な状態へ近づく第一歩となります。

(例えば、「理想的な状態を作らない」というのも立派な明確化された答えです)

そしてその軸を定めるときには、奥様・パートナーの方との会話が大事!
お互いに共通の認識をもっておくことをオススメします。
育児は一人で完結できるものではないですからね。


フランスの小説家アンドレ・モロワ曰く
「幸福な結婚というのは、婚約のときから死ぬまで、決して退屈しない長い会話のようなものである」

オランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホ 曰く、
「夫婦とは二つの半分になるのではなく、ひとつの全体になることだ」


ママとパパが密なコミュニケーションを取りながら、 各家庭にとってもっともよいバランスを考えていきたいですね。

PROFILE

篠原広高さん

HIROTAKA SHINOHARA

週3会社、週4育児・家事な生活に挑戦している26歳。
元旦生まれの娘、5歳年上の奥さんと3人で、東京 の西の方で生活中。「仕事最優先、子供苦手、家事やらない」だったのが、娘の誕生から 「家族時間最優先、子供大好き、家事やらせてください」な価値観に 180度転換しちゃったヒトです。


掲載メディア情報:NHK総合『クローズアップ現代』 10月5日、 朝日新聞 8月23日・6月18日、読売新聞 6月5日、NHKラジオ 6月4日放送
Bloghttp://ameblo.jp/sunaf/
twitter公式アカウント@sunaf


第一回「パパサミット」に参加してみた イクメン特集 第三回「パパが育児に関わるようになる4つのきっかけ」 イクメン特集

PAGETOP